手洗いつき小便器、普及の兆し 西日本高速が設置

手洗いつき小便器、普及の兆し 西日本高速が設置

西日本高速道路会社と衛生陶器大手TOTOが共同開発した
「てっぺんに手洗い器がついた男性用小便器」が
手洗い水を便器の洗浄に再利用する節水機能が評価され、
2013年12月、エコプロダクツ大賞エコサービス部門の
優秀賞を受賞したそうです。

一般の小便器は洗浄に水1~2リットルを使うそうですが、
手洗いつきは15%ほど少ないとのこと。
2012年11月から大分自動車道の山田サービスエリア、
13年4月から名神高速の大津SAで導入され、
見た目の面白さもあり、ネットで「アイデアに感動した」と
話題になったらしい。

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2014-01-04 18:09 | 060.アイデア

興味をそそり、感情を起こさせ、想像力をかき立てるコトをピックアップします。


by kakapo1233
プロフィールを見る
画像一覧