何かをデザインする前に5…

商品をデザインするためには、コンセプトが必要です。
コンセプトとは、「全体を貫く基本的な概念」です。
何事も、例がないと理解しにくいので、例を挙げたいと思います。
そもそもこの記事を書きだしたきっかけは「スプーン」なので、
身近すぎるプロダクトですが、テーマは「スプーン」にします。

文章を書くときには5W1Hが大切ですが、商品のコンセプトも
5W1Hを意識すると良いかもしれません。
What:この場合は「何を食べるために使うのか」と考えましょう。
When:「どのような時に食べるのか」と考えましょう。
Where:「どこで食べるのか」と考えましょう。
Who:使う人の属性、大人なのか、子供なのか、赤ちゃんなのか?
    それともお年寄りなのか?男性なのか、女性なのかなど、
Why:もちろん食事を摂取するためですが、家で食べるのか、
    職場にお弁当と一緒に持って行って使うのか?
    それとも、コンビニのお弁当に付属しているもので、
    使い捨てなのか?など、使用するシーンの目的ですね。
How:自分で食べるのか、誰かに食べさせてもらうのか、なども
    意識すると良いかもしれませんね。

では、次回は、実際に例を当てはめてみましょう。

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2014-11-23 07:37 | 061.デザイン

興味をそそり、感情を起こさせ、想像力をかき立てるコトをピックアップします。


by kakapo1233
プロフィールを見る
画像一覧