「ほっ」と。キャンペーン

何かをデザインする前に9…

製品(Product):その商品(製品)は、どのような商品なのか?
 今回は、コンセプト立案、5W1H法を提案させていただきました。

価格(Price):その商品は、いくらで販売するのか?
 これは、競合他社品の価格とのバランスも大切なのですが、
 原価がいくらでできるかということが最も大切です。
 何故ならば、企業は、原材料を仕入れて加工にかかった費用、
 又は、商品を仕入れた費用と、それを販売(卸)した価格との
 差を利益とするからです。当然のことながら、付加価値がある
 良いモノを作ろうとすれば、コストがかかりますし、
 生産数がまとまる(大量生産でき)れば、コストが下がります。
 競争力が高く、割安感のあるものができれば、数が売れる。
 製品の仕様と価格は、切っても切れない関係にあります。

流通(Place):その商品は、どこで売るのか?
プロモーション(Promotion):どうやって宣伝するのか?は、
次回にしたいと思います。

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ

[PR]
by kakapo1233 | 2014-11-23 09:09 | 061.デザイン

興味をそそり、感情を起こさせ、想像力をかき立てるコトをピックアップします。


by kakapo1233
プロフィールを見る
画像一覧