「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:061.デザイン( 52 )

DESIGNのトレンドって何処から生まれるのかな?

トレンドとは、傾向。趨勢(すうせい)。
ファッションの流行や経済変動の動向など。とのこと。
じゃ、良く聞く、デザインのトレンドってどういうことだろう。
ファッションだったら、パリ、ミラノ、東京?
パリコレなどのファッションショーから生まれるのかな?

じゃ、プロダクトデザインやインダストリアルデザインだったら、
どこから生まれるんだろう?車のデザインやカラーだったら、
やっぱりファッションのように、ショーから生まれるのかな?

でも、家電やITなんかのトレンドは、何処から生まれるんだろう?
私は、テクノロジーの進化と、ニーズとのマッチングや、
インフラの整備状況などから生まれるのではないかと思います。
だとしたら、デザインだけ勝手に考えていても、トレンドに乗れない。
むしろ、いわゆるPEST分析の方が大切になってくるかも?

にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ サスティナブルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2015-10-18 17:06 | 061.デザイン

「東京ブランド」の確立&

  東京ブランド発信事業
  世界一の観光都市・東京の実現を目指して
  「東京ブランド推進キャンペーン」を開始します

  平成27年10月9日 産業労働局

  東京都は、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催と
  更にその先を見据え、旅行地としての東京を強く印象づける
  「東京ブランド」の確立に向けた取組を行っています。
   このたび、東京ブランドを推進する新たな取組である
  「東京ブランド推進キャンペーン」を開始します。
  本キャンペーンでは、ブランドコンセプトに基づく新たな
  ロゴ・キャッチコピーを「& TOKYO(アンドトーキョー)」とし、
  国内外の様々なシーンで活用し、東京ブランドの浸透を図ります。

この文章をまともに受け止めると、
目的は、「旅行地のとしての東京を強く印象付けるために…」
目標は、『「東京ブランド」の確立すること』
手段は、「東京ブランド推進キャンペーン」を開始する。ということ、
そのキャンペーンを「& TOKYO」とし、ロゴを制作し、国内外の
様々なシーンで活用し、東京ブランドの浸透を図ると理解できる。

では、東京を旅行地として選ぶ外国人は、このロゴを見て、
彼らが思い描くTOKYOと一致するのだろうか?
多くの選択肢の中からTOKYOを選ぼうと意思決定するための
推進力になるのか?という疑問が発生するわけです。
行動は、合目的でなければならない。税金を使うのなら尚更である。

皆さんは、どう思いますか?

にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ サスティナブルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2015-10-17 06:17 | 061.デザイン

デザインとは、欲望の創造なのか?

 デザイナーになるための教育を受けている時は、デザイナーの役割は、住みやすい社会を作ることの一翼を担うことだと教わったような気がします。
 でも、企業に就職すると、多くの場合、デザイナーの役割は、商品やサービスを売るために、消費者の欲望を刺激することに変わります。

 売ろうとしている商品やサービスが、それを必要としている人にとって適切なものである場合、それを知らしめるために、消費者の感性などを刺激するのだとしたら、まだやりがいのある仕事とも言えるでしょう。
 しかし、企業の売り上げを上げるために、商品を売ること、そのために消費者の欲望を刺激することが、直接の目的だと言われ、安全性や使いやすさ、持続性などを配慮したデザインよりも、短期的な刺激性を重視したデザインを選択しなければならないとしたら、それは、意欲をそがれることかもしれません。

 何度も同じことを書いてきたので、繰り返しになりますが、デザインの良し悪しは、デザイナーだけの責任ではありません。
 むしろ、デザイナーが仕事を始めるときに、コンセプトを立案する人、そのコンセプトに沿って、デザインを選択してする人の責任だと言えます。

 そして、良いデザインは、良い商品、良いサービスにしか与えられないのです。
 どういうことかというと、品質の悪い商品やサービスと良いデザインは、両立しないのです。
 良いデザインとは、使う人の身になった、良い品質のことなのです。

にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ サスティナブルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2015-10-11 08:24 | 061.デザイン

500を膨らませただけではない

 2015年9月29日、FCAイタリー(フィアット グループ)でEMEAデザイン部門ヘッドを務めるロベルト・ジェリート氏は、都内で開かれたフィアットブランド初の小型SUVモデル『500X』の発表会に登壇し、「500と共通のデザイン要素で500Xのスピリットを表現した。」と述べた。

 BMWグループのプレミアムのスモールを狙うミニが、バリエーションを拡大して成功しているのを横目に、500のデザイン要素でバリエーションを拡大するという非常にビジネスライクなモデルである。世界の自動車文化は行きつくところまで行きついて、もはや様式美に頼るしかないのか?

500を膨らませただけではない

にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ サスティナブルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2015-10-03 14:44 | 061.デザイン

ヴェルファイアは、大きなタント カスタム

 ヴェルファイアがモデルチェンジした時に、なんて凄いデザインなんだろう!と驚いた。もちろん、良い意味ではなく、正直言ってやりすぎだ!と思ったのだ。

 まだ私がデザインの仕事をやっていたころ、私のあこがれは、ディーター・ラムス氏やジウジアーロ氏、エスリンガー氏のデザインであり、ルイス・サリヴァン氏の「形式は常に機能に従う。(form ever follows function. )」という言葉を具現化したものなので、ヴェルファイアの過剰な造形をまとったデザインは好きになれないものなのだ。

 まあ、車に見慣れた車らしさを求めるのは、私たちの世代ぐらいまでで、私たちの次の世代は、ガンダムなどを観て育った世代なので、車らしさなどという概念すらないのかもしれないし、過去からの様式美を継承するなどという気持ちもないのかもしれない。

 そんなことを考えている時、薬局の駐車場にタント カスタムが停まっているのを発見した。「なんかどこかで見たことがあるデザインだなぁ~?」と思ったのだが、まったくヴェルファイアを小さくしたようなデザインなのだ。いや、先に出たのは、タント カスタムなので、ヴェルファイアがタント カスタムをトリビュートしたデザインということか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 小説へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
[PR]
by kakapo1233 | 2015-09-21 06:09 | 061.デザイン

【ダイハツ キャスト 発売】クロスオーバー風のアクティバ

 ダイハツから『キャスト』という名の軽自動が発売されたけど、これって、2014年1月に発売されて好評を博している『スズキ ハスラー』の二匹目のドジョウを狙っているのが見えみえですよね?ある意味、1年8カ月遅れで、類似車種を出せる企業力には敬服しますけど、コンセプトが似すぎていて、恥ずかしくないのかなぁ~

にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ サスティナブルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2015-09-13 11:52 | 061.デザイン

up! は、4ドアでありながらリアウインドが下がらない。

up! は、4ドアでありながらリアサイドウインドーが下がらない。

むかしむかし、オヤジは、Golf 2に、乗っていたことがあって、
VWは、大好きなんですけど、up!を見ると、私が好きな
VWらしさが薄まっているような気がします。

その一つがリアハッチのデザイン。
リアウインドーが下の方まで覆っていて、確かにスッキリして
いるのですけれども、重いガラスが、必要のないところまで
覆っているというのは、コンパクトカーとしては、どうなのかな?

もう一つは、下がらないリアサイドウインドー。
かつて私が乗っていたStepwgn 2もリアサイドウインドーが
下がらないうえに、プライバシーガラスが濃かったので、
実家から帰る時に、おじいちゃん、おばあちゃんたちから、
車内の孫の姿が見えず、不評でした…まあ、レアな状況だけど…

にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ  にほんブログ村 デザインブログ サスティナブルデザインへ  にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2015-08-22 12:23 | 061.デザイン

デザインとは何か?

 デザインをテーマとしたブログを開設し、時々記事を投稿したりしていますけれども、私は2008年から7年間もデザインの仕事をしていません。どんな仕事をしているかというと、お客様やお得意先様から寄せられる苦情や問い合わせへの対応です。でも、このような仕事を経験することによって、デザインという仕事に対する見方が変わりました。多くの人が考えるデザインの仕事は、アイデアを出したり、流麗なフォルムを創りだしたり、鮮やかな色彩を調和させたりすることなのだと思います。でも、今の私が考えるデザインの仕事は、それだけではないのです。

 私たちが購入する商品の中には、自分自身のアイデンティティを支えるようなものがあります。それは、住まいであったり、車であったり、ファッションであったりします。そういうものたちは、様式が大切であったり、フォルムや色彩が大切であったりします。華々しいデザインの仕事です。

 一方で、コモディティと言われる商品があります。洗剤や、白物家電のような商品です。フォルムや色彩の美しさが要らないとは言いませんが、それよりも使い勝手や耐久性、価格などが重視される商品です。もしかしたら、目立たないことが重要な場合もあるかもしれません。地味かもしれないけれども大切なデザインの仕事です。同じデザインという言葉でくくられていても、そのアプローチは全く違います。商品に求められるものが全く違うからです。

 まだ、整理されていないのですけれども、これからデザインに求められているものを考えていきたいと思います。

にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ  にほんブログ村 デザインブログ サスティナブルデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2015-08-09 14:57 | 061.デザイン

何かをデザインする前に11…

 前回の投稿から日にちが経ってしまったので、話しの流れを見失って
しまったので、脈絡が弱くなってしまうかもしれませんが、ご了承くだ
さい。

 私は、デザインをする前に限らず、組織が何らかの目標を達成するた
めに、目標を設定したり、手段を検討したりする時に、絶対に外せない
のは、SWOT分析だと思っています。
 その組織の「強み」は何か、「弱み」は何か、その「強み」を活かす
機会は何か、その「強み」を活かそうとした時に、どのような「脅威」
があるか?

 話を分かりやすくするために、パン屋さんを例に話を進めましょう。
 私が、都内の有名なパン屋さんで修行をして一人前になった職人だ
とします。
 つまり、私の「強み」は、都内の有名なパン屋の味が出せるという
ことです。
 私が、育った街は、20年前に大手デベロッパーが開発した住宅地
で、街には、その場で焼いたパンを販売しているような店舗はありま
せんでした。
 つまり、私は、競合「脅威」がないと判断したのです。
 しかし、私が出店した後に、その土地にあった工場が撤退し、跡
地に大手スーパーが出店したのです。
 もちろん、大手スーパーで販売している焼き立てパンは、工場で
作られた冷凍の生地を焼いているだけで、本当の意味での焼き立て
パンではありませんでしたが、その資本力にものをいわせた品ぞろ
えと低価格で、それほどこだわらないお客様を獲得して行ったので
す。
 さて、私の戦略には、どの様な見落としがあったのでしょうか?

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2014-11-29 10:50 | 061.デザイン

何かをデザインする前に10…

流通(Place):その商品は、どこで売るのか?
 私が駆け出しのデザイナーだった頃は、
 デパートで売るのか、イオンやヨーカドーのような店で売るのか、
 それとも専門店で売るのか、しか、選択肢がありませんでしたが、
 今では、ネットで売るとか、今までは下請けに甘んじていた会社も
 直接、消費者に商品を届ける手段があります。
 
プロモーション(Promotion):どうやって宣伝するのか?
 商品の情報をどうやって消費者に伝えるか、
 消費者にとって一番身近なのは、テレビコマーシャルですが、
 企業の立場で考えると、とてもお金がかかります。
 広告宣伝費がかかると、当然のことながら、利益を圧迫します。
 また、商品が売れる前に、膨大な費用がかかりますので、
 体力がない企業にはできません。
 私は、費用のことが分かりませんが、下請けに甘んじていた
 企業が、直接消費者に商品を届ける場合は、ネットを利用すると
 良いかもしれません。

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
[PR]
by kakapo1233 | 2014-11-23 09:23 | 061.デザイン

興味をそそり、感情を起こさせ、想像力をかき立てるコトをピックアップします。


by kakapo1233
プロフィールを見る
画像一覧